お問い合わせ かしこい引越ガイドブック ハトのマークの引越胆江センター 会社案内 トップへ
段取りよく、引越の諸手続。
引越の当日にあわてないためにも、前日には荷造りが完了するように、毎日少しずつ、計画性をもって荷造りしていきましょう。
用意したい、荷造り用品。用具いろいろ
○段ボール箱 ○新聞紙
○荷造りテープ ○荷造りひも
○油性のマジックペン ○荷札・ラベル
○大小のビニール袋 ○軍手
○ボロ布・古毛布 ○ドライバーなど工具類
○風呂敷 ○掃除道具
○ふとん袋 など
※荷札・ラベルは、「われもの注意」「すぐ使用」「下積厳禁」などを用意してください。これらは市販されていますし、また、引越業者でも用意していますのでお問い合わせください。
荷造り1口メモ
●ふだん使わないものから整理をはじめる。
●重いものを下の方へ、軽いものを上の方へ入れる。
●箱の中で動かないように、新聞紙や緩衝材をスキ間につめる。
●箱の重さは一人で持てる程度に。
(重いものは小さな箱へ、軽いものは大きな箱へ入れる)
●ダンボール以外には、はがしたあとに粘着部が残らない布製テープを使用する。
●箱には「われもの注意」「下積厳禁」などを必要に応じて表示する。
荷造りのコツ
ふとん
軽い順にたたんで重ね、その上からふとん袋をかぶせてひっくり返せばきれいに入ります。鏡や額縁などのわれものは絶対に入れない。
衣 類
下着類は下に、ワンピースなどは上に2つ折りにして重ねて入れます。とくに湿気を嫌う着物、毛皮は茶箱を使ってください。
びん類
ビニール袋に入れて、胴に新聞紙を巻いてから、そこに緩衝材を入れた箱に入れます。びんを仕切るように箱にひもをかけ、交差する部分を結んでおくのがコツです。(箱に「われもの注意」の表示をする)
鍋 類
鍋と鍋の間に緩衝材をはさんで大きい順に重ねます。鍋の手にひもを通して、十文字にかけて結べば、ずれたり飛び出したりしません。
包丁など
厚紙にはさんで布製テープを巻いておきます。台所用品などと一緒に入れるときには、危険のないように注意して入れてください。
食器類
食器と食器の間に緩衝材をはさんで、積み重ねてから包みます。お皿はタテに入れると割れにくくなります。スプーン類はひもで4〜5本まとめて結んで入れます。また小さなビニール袋に入れれば、そのままお使いになれます。(箱に「われもの注意」の表示をする)
冷蔵庫
前日に霜取り、水抜きをしておきます。新居ではすぐにコンセントを入れずに、30分以上はそのままにしておいてから、コンセントを入れてください。
冷蔵庫の食品
冷蔵庫の中の食品はなるべく前日までに調理するようにしましょう。残ったものは発砲スチロールの箱に入れて布製テープで密閉します。
組み立て家具
ベッドなどの組み立て家具は、運びやすいように分解しておきます。ネジはビニール袋にまとめて入れ、見えるところへテープで貼っておきます。
照明器具
緩衝材などと一緒に入れ、動かないように固定します。フタは閉めずに中が見えるようにしておきます。(箱に「われもの注意」の表示をする)
プレーヤー
針金入りのビニールでアームを固定します。ターンテーブルは紙やタオルをはさんで、動かないように固定します。
洗濯機
前日に水抜きをします。傾けて水の中を完全に出してください。ホースは、止め具にかけてテープで固定します。アースや電気コードは巻いて洗濯槽に入れておきます。
石油ストーブ
中に油を残さず、油はポリ容器に入れ換えておきます。石油缶の油もれに注意して、購入時の箱があればそれに入れましょう。乾電池も忘れずにはずしてください。
●次のものは、引越業者や専門家にご相談ください。
大型家具、電化製品、レコード、美術品、骨董品、ペット、盆栽、植木鉢 など


不要品などの処分
いらなくなった家具類は、工夫して、なるべく再利用したいものですが、家の前に「ご自由におもちください」という張り紙と一緒に置いて、他の方に利用してもらうのもひとつの手です。
粗大ゴミとして処分する場合は、市役所(区役所)の清掃担当部署に連絡し、役所が許可した処理業者を紹介してもらいます。手配から引き取りまでかなり時間がかかる場合もありますので、早めに手配しておきましょう。(有料)
※当社でも許可業者を斡旋いたします。
Copyright (C) 2017, Marukiku Unso Co.,Ltd. All rights reserved.