お問い合わせ かしこい引越ガイドブック ハトのマークの引越胆江センター 会社案内 トップへ
荷造りは、計画的に少しずつ。
引越にともなう公共機関への諸手続、電気・ガス・水道・電話の手続き、さらに新聞販売店への連絡など、うっかり忘れてしまわないためにひとつひとつチェックしながら行うことがポイントです。

※プリントしてご活用ください。
市役所(区役所)での手続
[引越前] (MEMO) (チェック)
転出届 印鑑を持参。住民異動届を出し、転出証明書を発行してもらう。    
印鑑登録の消去 転居届を出すと自動的に消去。印鑑登録カードを返却。    
国民健康保険 保険証、印鑑を持参。異動届を出し保険証を返却。    
福祉関係 児童手当などの資格喪失届を出す。    
原動機付自転車 ナンバー、車両番号交付証明書、印鑑を持参。廃車届を出す。    
※国民年金の手続は転入先で行ないます。※同市区町村に引越の場合は、原動機付自転車の手続は必要ありません。

[引越後]
転入届 転出証明書、印鑑を持参。引越後14日以内に。    
印鑑登録 各自治体によって異なります。お問い合わせください。    
国民健康保険 転入届と一緒に行ないます。    
国民年金 年金手帳、印鑑を持参。引越後14日以内に。    
福祉関係 児童手当などの申請書を出す。    
原動機付自転車 廃車控、住民票、印鑑、車体ナンバーの写しを持参。    
教育委員会(転校手続)
公立小・中学校 印鑑、転出証明書を持参。異動票を発行してもらい現在通学している学校に提出。学校から在校証明書をもらい引越先の教育委員会へ。    
公立高等学校 各都道府県によって異なります。引越先の都道府県教育委員会へお問い合わせください。    
私立小・中・高等学校 詳しくは編入を希望する学校へ直接お問い合わせください。    
郵便局
郵便物転送願い 転居届を現在の受け持ち郵便局宛に提出。1年間新居に転送してくれます。    
銀行・郵便局
銀行預金・郵便貯金 預・貯金通帳、印鑑を持参。住所変更の手続。    
電気・ガス・水道 (今までのお住まいで) (新居で)
電話でOK。引越の1週間前〜3・4日前までにそれぞれの会社の受持ち営業所へ連絡します。引越先のそれぞれの会社にも、当日から使用できるように連絡します。 電気 TEL TEL  
ガス TEL TEL  
水道 TEL TEL  
電話の移設 ※引越には電話が重宝します。取りはずしは遅くまで、取り付けは早目にしましょう。
移設工事のお申し込み 「116」へ電話で。1カ月前から受付。    
保険会社
住所変更の連絡 電話でOK。現在の取引営業所へ連絡します。火災保険などは、引越先の地域・建物の構造によって保険料の料率が変わる場合もあります。 生保 TEL  
損保 TEL  
運転免許証
住所変更の手続 最寄りの警察署へ免許証、住民票を持参。
※他の都道府県に引越する場合は、写真1枚も持参してください。
   
自動車などの登録変更 ※詳しくはそれぞれの手続場所へお問い合わせください。
自動車 引越先の警察署で車庫証明をもらい陸運支局で手続。    
軽自動車 引越先の軽自動車検査協会で手続。    
自動二輪車 引越先の陸運支局で手続。    
新聞などの販売店
配達停止の連絡 電話で引越の連絡をし、精算します。 新聞 TEL  
       
Copyright (C) 2017, Marukiku Unso Co.,Ltd. All rights reserved.